腸内環境に配慮された鶏から生み出されるヨード卵

腸内環境に配慮された鶏から生み出されるヨード卵

スーパーなどに行きますと、多くの主婦の方々は卵を購入していらっしゃるかと思います。

 

ところでその卵にも、2種類ありますね。殻が白いタイプと、茶色いタイプの卵です。後者の卵は、いわゆるヨード卵と呼ばれます。見るからに栄養価が高そうな卵ですね。実際確かに高いのですが。

 

腸内環境が良い鶏によって作られるヨード卵

 

ところであのヨード卵なのですが、実は腸内環境とは大きな関係があります。ただしそれは人間のお腹に対するものではなく、その卵を産み出してくれている鶏に対するものですね。

 

そもそもなぜあのような卵が生まれるかと言うと、ちょっと特殊な食材を用いているのだそうです。ヨードを多く含む食材が与えられていて、ちょっと生み出される卵も色が特殊になってくる訳です

 

そしてヨード卵を作ってくれる鶏なのですが、腸内環境は極めて健やかと言われています。なぜならそれを作っている農家の方々が、エサに工夫をしているからだそうです。つまりお腹の中が健やかになっている鶏から、あの独特な卵が生み出されている訳ですね。

 

ちなみにそのヨード卵は、人間のお腹に対しては特にポジティブな影響はないようです。ただ栄養価はかなり高いので、白い卵に比べればポジティブな効果を発揮してくれるとは思いますね。それで体は健やかになってくれるので、間接的には腸内環境を整えてくれる効果は見込めます。

 

牛の腸内環境に対して配慮されている事も

 

思えば牛などにも、そのような配慮が行われている事もあります。

 

参照先:植物性乳酸菌、はじめましょう

 

ヨーグルトを作っている農家の方々は、しばしば牛の腸内環境を気にしているようですね。

 

お腹の中が健やかな牛からは、クオリティーが高いヨーグルトが作られると考えている傾向があります。ヨード卵も、その1つという訳です。