大豆が力を発揮する為にも必要な乳酸菌

大豆が力を発揮する為にも必要な乳酸菌

乳酸菌は、大豆と密接な関係があります。
一般的には、大豆は乳酸菌の栄養分と解釈されている事が多いですね。乳酸菌も食事をする必要があるのですが、その1つは大豆の中に含まれているオリゴ糖なのです。ですので乳酸菌の効果を引き出すようにするためには、大豆を摂取すると良い訳ですね。
しかし、その逆のパターンもあります。

 

女性ホルモンの為に必要なエクオール

 

大豆の中には、エクオールと呼ばれる物質が含まれています。エクオールの効能なのですが、女性ホルモンの活性化だそうです。
ところでそのエクオールが生成されるためには、乳酸菌が必要になるのだそうです。すなわち乳酸菌と大豆のコラボレーションでエクオールが作られる訳ですが、問題はそれが欠乏してしまった時です。
エクオールが少なくなってしまうと、もちろん女性ホルモンが不活発になってしまいます。それは様々なネガティブな症状を引き起こしてしまうのですが、その1つは更年期障害ですね。
その症状になってしまうと骨粗しょう症になってしまう事もありますし、ちょっと肥満になりやすくなってしまうのだそうです。もちろんそれは、誰しも防ぎたいでしょう。

 

乳酸菌が無いと活躍できない大豆

 

つまりその菌類は、大豆の活躍に大きく関わってくる訳です。その菌が居ないと、エクオールを作る事はできないからです。ですので更年期障害などが懸念されるような時には、乳酸菌を摂取するのはとても大事ですね。
前述のように大豆はその菌が活躍するために必要なものではあります。その逆に、大豆が活躍をする為にも乳酸菌が必要なのですね。
ですので乳酸菌と大豆は、どちらが欠けていても活躍できません。その2つをワンセットで摂取するよう心がけると、更年期障害の防止も見込めるでしょう